PADI プロ・コース/アシスタント・インストラクターコース

アシスタント・インストラクター
PADI アシスタントインストラクターPADIアシスタント・インストラクター・コースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。
コース参加の条件
1.PADIダイブマスター(オープン・ウォーター・ダイバーからレスキュー・ダイバーまでも必要です)、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されていること。
2.18歳以上であること。
3.ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
4.認定ダイバーになってから6カ月以上経っていること。
5.過去24カ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
6.病歴/診断書
講習時間
少なくとも4日間以上(講習時間は、候補生によって異なります)
◆コース料金総額84,000円(税込)+実習、教材費
コース内容

PADI アシスタントインストラクター コース内容
1.規準エグザム、カリキュラム・プレゼンテーションの出席と知識開発プレゼンテーション2回、4つのEカウンセリング・ワークショップ1回
2.ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション2回
3.オープンウォーター講習プレゼンテーション1回(2スキルを1回のオープンウォーターで実施) 、レスキュー練習ワークショップ、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価

AIになるとできること
PADI アシスタントインストラクター◆PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できる。
◆PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
◆PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーをPADIインストラクターの元で認定できる。
◆プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる
◆PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
◆エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
◆デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。
◆エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・コースを実施できる。
申し込みフォーム

 SpecialtyCourse

     
  • PADi スペシャルティコース基本を磨く
  • 水中ナビゲーター(5月)
  • ピークパフォーマンスボイヤンシー(年間)
  • ボートダイバー(6月)
  • 器材(エキップメント)(3月)
  • ドライスーツダイバー(12月)
  • 水中ナチュラリスト(8月)
  • PADi スペシャルティコース遊びのコツをマスターする
  • プロジェクトAWARE
  • AWARE珊瑚礁の保護
  • デジタルアンダーウォーターフォトグラファー(2月)
  • アンダーウォータービデオグラファー(1月)
  • ダイバープロバルジョンビーグル(9月)
  • デジタル一眼レフカメラ
  • PADi スペシャルティコース活動範囲を広げる
  • ナイトダイバー(7月)
  • ディープダイバー(11月)
  • マルチレベルダイバー(4月)
  • アルティチュードダイバー
  • エンリッチドエアダイバー(10月)
  • サーチ&リカバリー
  • ドリフトダイバー
  • アイス・ダイバー
  • エマージェンシー・オキシジェン・プロバイター
  • おすすめ月にSP取得するとCカード申請料プレゼント!

StepUp Course

海で遊ぼう