PADIスペシャルティダイバーコース/未知の世界へ

未知の世界へのチャレンジで
さらに広がるダイビングの世界
まだ経験していない、特定の分野での基本的なダイビング(例えばディープダイブやボートダイブなど)の仕方(計画、マナー、トラブルの予防)や、使ったことがない初めての器材(例えばドライスーツや水中スクーター、水中カメラなど)の使い方などのノウハウを身につけ、経験と楽しみの幅を広げることを可能にするのがスペシャルティ・コースです。別途ツアー料金が必要です
自分の潜り方やテクニックに、ちょっと不安を覚えたり、 もっとうまくなりたい!と思ったら、これらのコースにチャレンジ!
◆水中ナビゲーター
◆ピークパフォーマンスボイヤンシー
◆ボートダイバー
◆機材
◆ドライスーツダイバー
◆水中ナチュラリスト
遊びのコツをマスターするには、いたずらにファンダイビングを重ねるのではなく、「テーマを持ったダイビング」を、ぜひ心がけてみましょう!
◆プロジェクトAWARE
◆AWAREサンゴ礁の保護
◆デジタル水中フォトグラファー
◆水中ビデオグラファー
◆ダイバープロパルジョンビーグル(水中スクーター)
自分が潜ることのできる範囲を広げてくれます。 一度はチャレンジしてみたいダイビングがきっとあるはずです!
◆ナイトダイバー
◆ディープダイバー
◆マルチレベルダイバー
◆アルティチュードダイバー
◆エンリッチドエアダイバー
◆サーチ&リカバリー
◆ドリフトダイバー

 what's specialty

    スペシャリストを育成するわけではありません。

    「スペシャル」といっても、スペシャリストを育成するわけではありません。ある特定(=スペシャル)の分野で、そのコースで学んだ知識とスキルを応用して、受けたトレーニングと経験の範囲内で、監督者なしで、その特定のダイビングをすることができるようになります。 「アドベンチャー・ダイバー・コース」、「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース」でのアドベンチャーダイブでは、それぞれ特定分野のダイビングを経験し、試すことができますが、スペシャルティ・コースではそれに加え、その特定の分野において自立したダイバーになることを目的としています。